FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今こそプレッシングを!」FGO vol.76 

Football goes on vol.76

「今こそプレッシングを!」

フットピーポーよ!男女オリンピックの最後の戦い、結果は両者とも敗戦。残念でした。

それでもなでしこは銀メダル!決勝戦も実になでしこらしいプレッシングでアメリカに突撃!ただしアメリカのツートップ、特にこの日はピンクヘアバンドのボンバー、モーガンにしてやられましたね~。

ただその後のあの諦めない姿勢!気持ちが見えるプレー!1点追いついて、疑惑のハンドもありつつ、最後まで期待を抱かせてくれるまさに胸を打つ戦い!大満足ですよ、僕は。

そしてその爪の垢を、もう煎じる事無くストレートのロックで飲ませてやりたいのが男子!特に扇原!がっかりだぜ!

メキシコ戦で、重大なミスをしてしまった扇原。先発で再び使ってもらったその意義を分かっていたのか!リベンジのチャンスをもらったにも関わらず、韓国の激しいプレスにリベンジどころか、いつものプレーすらできない状態に…スタメンにいた時から期待していただけに扇原にはがっかりです。とても遠藤の後釜になんて現時点ではもう言えません。

物議をかもしだしている2点ビハンドからの山村投入も、山村を使いたかったというより、完全に韓国に狙われていた扇原の火消し、と解釈すれば納得しています。その後の交代も僕は妥当だったと思います。ただ、できる監督なら後半頭から交代を打ち、自チームと相手チームにメッセージを送ったと思います。「頭からいくぞ!」って。トーナメント戦で負けてるチームならそれぐらいやらないと!

ただしこの日は韓国を褒めなければいけないと思います。なでしこ以上に、勝利への意思がはっきりと感じられるあの闘志。パク・ジュヨンのゴール後の姿が印象的でした。何のパフォーマンスもせずに、ピッチに跪いて神への感謝を捧げる。あんなパク・ジュヨン初めて観ましたよ。彼にとって、チームにとってこの先制点の重さが伺えるシーンでした。

そのパク・ジュヨンは1ゴール、1アシストの大活躍。さらにク・ジャチョル、キ・ソンヨン、韓国はA代表で既に勝着している選手が日本に比べ多かったです。この世代の韓国代表のレベルの高さを物語っていますね。

そんな連中が「自国初の銅メダル」とそして何と言っても「兵役免除」を賭けて挑んできた訳ですから。ましてや相手は日本。もう全員金髪の「スーパー韓国人」状態ですよ。

この試合を日本が失ってしまったのはその韓国のメンタル勝負に付き合ってしまったからじゃないでしょうか。韓国のメンタルフルな攻守にわたるアタックに、対抗する術の不足。やはり南アW杯のように、大会直前の付け焼刃的な戦術変更の限界。そんな印象があります。

前回のFGOでアジア予選メンバーそのままで本大会に突入し、そのメンバーで無理やりプレッシングカウンターをやった岡田監督に比べれば、本大会前に大迫や原口を切ってまで、このプレッシングにあった選手選考を行って大会に入った関塚監督は優秀だと書いたんですけど。それでもやっぱり無理があった。なでしこのように困ったときに信じられる「自分達のサッカー」まで昇華させられるまではなっていなかった。

なぜ、岡田監督といい、関塚監督といい、このプレッシングを最初から極めようとしなかったのか。もはや日本代表チームのレベルでいけば、よほど変な事をしなければ突破可能なアジア予選でこのプレッシングを導入して、その戦術に合わせたチーム作りをしていたら。それを4年間というスパンでやり続けてきたのがなでしこなんです。

基調となるプレッシングが既に完成していたら、この日やメキシコ戦のように「先制されたらどうするか」というオプションの整備にも余力が割けたはずです。日本の快進撃は全て先制点を取って、相手が前に出てくることが前提でした。このチームはプレシングの整備で手一杯で、先制点を取られて前に出なければいけなくなった時に、何の手段もありませんでした。

やっぱり信じられる自分達の理想を持ってるチームは強いです。それは何もバルサのような、美しいパスサッカーだけを指すものではありません。バルサがなぜ強いのか?それはあのサッカーをチーム全員が「信じられる」からでしょう。俺たちはこのサッカーをやってる限り負けない、と。

いま、全世界のサッカーが軒並み「スペイン化」していると言われています。すなわち「バルサ化」です。ただしそこで勘違いしてはいけないのはあのサッカーはスペイン人、というよりカタルーニャ人達が信じ続けやり続けてきた「継続性」あってのサッカーだということです。

サッカーの面白い所は決して方程式が存在しないところです。現にバルサはチェルシーのリトリートカウンターと、レアルのプレッシングの前に敗北しています。

もはや優勝国のサッカーをコピーする時代ではありません。これからは日本が一番苦手とする「オリジナルの構築」が問われる時代です。

その時に、僕にはなでしことこのオリンピック男子代表の躍進の鍵になった「プレッシング」が眩しい存在に思える訳です。

ユーロ総括のFGO(vol.74)でこれからは「ポゼッションvsプレッシング」の時代がくるんじゃないかと書きましたが、その思いは変わりません。

日本はこの「プレッシング派」の代表のような国を目指すべきだと思います。まずはJリーグのプレッシング化です。日常のリーグ戦でのプレスレベルを上げれば、プレッシング技術の向上だけにとどまらず、メキシコ戦や韓国戦で露呈した「プレスを浴びた時のプレー精度」も引き上げられる、これがでかい!

前にも書いたんですけど、数年前からこのプレスの掛け合いが日常的に行われているのがヨーロッパなんです。いまやノンプレスの1対1で相手DFを抜き去るのは当たり前。1対2、1対3のような数的不利のプレス下でも、ボールをロストしないテクニックが求められている時代なんです。

本田や香川、長友あたりはその日常に適応し、プレスを浴びても簡単にボールロストする事は無くなりました。しかしそれが海外に出ないと経験できないんじゃあ切なすぎます。Jリーグのプレス化を望むのはそのため。

それにはやはり日本サッカー界最大の情報発信元である日本代表が、その方向性を打ち出すことでしょう。プレッシングの国からやってきて、自ら影響を受けた監督にサッキの名前を出し、本国でも「サッキ派」のくくりで語られるザッケローニに僕が期待しているのはまさにそこなんです。

しかしザックは初戦のアルゼンチン戦で見せて以来、そのプレッシングへの言及があまりにも少ない。こだわりが感じられない。ザックに不満をもっているのはそこ。

オリンピックの男子サッカーとは言い換えればU-23の世界大会。結果が求められる女子とは違い、この世代はまだまだ次があります。そんな大会でマックスの6試合を経験できた事は、これはもう大成功です。

じゃあその成功を生み出したのは何だったのか。幻想のように追い求めてきたパスサッカーだったのか。そして足りなかったのは何だったのか。お約束のように言われる「決定力不足」なのか。それはDFを5人抜いてゴールをぶち込むような事なのか。どこかのクリスチャーノさんのようにとんでもないブレ玉ミドルを突き刺す事なのか。一体いつまで無いものねだりをしつづけるのか。

ブラジルW杯まであと2年。まだ充分に間に合うタイミングです。このタイミングで「自分達の信じるサッカー」つまり「理想」の追求を是非とも日本代表には始めて欲しい、と。僕はブラジルで男子のA代表が、ロンドンのなでしこのように胸を打つ戦いを繰り広げる姿が観たいんです!

という訳でこれからもザックが少しでも怪しいそぶりを見せたら、批判します(笑)。効率的に走らせる事ができる。日本代表の指揮官に必要なのはそんなタイプだと信じていますから!それではまた!気まぐれに(笑)



この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dlivegrampus.blog76.fc2.com/tb.php/156-4646572e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。