FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CLベスト16セカンドレグ・プレビュー」FGO.48 

Football goes on vol.48

「CLベスト16セカンドレグ・プレビュー」

フットピーポーよ、ご無沙汰してました!アジアカップ編が終わり、ちょっとモンハンに気を取られてすっかり更新をさぼっていたitchです!スラアク最高!

FGOがノット・ゴーズ・オンな間にもフットボールは前に進み続けているわけで、ACL、Jの開幕(グランパス…マギヌンなき後の中盤、藤本がフィットするまで頼むよ~小川!)など代表一色だった日本もクラブシーズンが始まりました。

そして欧州フットボール界はいよいよ佳境!という訳でFGOの原点とも言えるCLベスト16について今日は書いてみたいと思います。

さてファーストレグが終わり目についたのは「イタリアの黄昏」でした。ミラン、インテル、ローマ、決勝トーナメントに進出したセリエのチームが全てホームで敗れましたね。

海外のサッカーを観るきっかけがオランダトリオの全盛ミランで、セリエ育ちの自分としては悲しい結果。内容でも負けていただけに、アウェイ逆転の芽は最近守備が崩壊しているバイエルンを相手にするインテルぐらいか。特にホームで無類の強さを発揮するトッテナム、シャフタールを相手にするミラン、ローマはキツいと思います。

名前が出てきたのでここで今季のスパーズについて一言。「適材適所」これが見事にはまっているのが今季スパーズのポイントです。伝統の4-4-2の各ポジションに見事なハマリ役を配置したマンガのような分かりやすいチーム。誰が何処で何をするのかがはっきり分かる面白いサッカーをするので最近よく観ています。特に左サイドの3人の天才、ベイル、ファン・デル・ファールト、モドリッチの崩しは圧巻。セカンドレグは絶対的な強さを発揮するホームのホワイトハートレーン。あのアンフィールドに負けない熱い応援の作り出す雰囲気も密かな観戦ポイントでオススメです。

しかしなんと言っても世界中が注目しているビッグマッチがバルサ×アーセナルでしょう!みなさん観ましたかファーストレグ?これまでバルサに勝つパターンは昨年のインテルやルビンカザンのようにベタ引きで守ってカウンター1発にかけるしかありませんでした。んがしかしアーセナルは真っ向勝負!これぞ攻撃サッカーという精神でバルサと打ち合い逆転勝利をおさめるとは。

今や世界最強と言っても異論は無いバルセロナの凄いポイントはいっぱいあるんですけど、あえて上げるならば僕はそのプレッシングだと思ってます。意外に思えますが実はいま一番プレッシングが機能しているチームってバルセロナだと思うんです。

バルサのプレスの凄いのは選手に依存しないプレッシングなんですね。化け物のようなスタミナ、フィジカルを必要としないプレッシング。基本的にポジショニングとチームの共通認識でまずドリブルを切り、次にパスコースを限定して次のパス先で一気に囲んでかっさらう。そして高い位置からあの凄まじい攻撃をかますんだから強いわけですよ。

そして自分達が攻撃するときは逆に相手のプレッシングを無効化して、穴を生み出す。クライフが言っていた「プレッシングはテクニックの前には無意味だ」というやつです。現在欧州フットボール界に行き渡ったプレッシング戦術というモダンフットボールの常識を、レベルで1つ上の次元からコントロールしているのが今のバルサだと言えます。戦術大国セリエがグアルディオラを絶賛しているのも納得です。

そんなバルサにアーセナルが対抗した武器、それはスピードでした。もちろん速さもあるんですが、ファーストレグで効いたのは「早さ」の方です。パスの速さや走る速さではなく、パスを何処に出すかという判断の「早さ」。どこに走るかという判断の「早さ」。攻守の切り替えの「早さ」です。アーセナルのプレースピードがバルサ自慢のプレスの「早さ」を上回り出した後半、アーセナルは逆転してみせました。

しかしグアルディオラが「カンプノウでの我々はまったく違う」と自信を見せるように、あのレアルを5-0で粉砕したホームでのバルサの強さは本物。しかもアーセナルはエースであるフィニッシャーのファン・ペルシのケガも痛い。ただ引いても守れないチームだけに0-0をベンゲルは目指さないでしょう。

注目は中盤です。アーセナルのオートマティズムか、バルサのテクニックか。中でもファーストレグでTV解説をしていたジダンが絶賛したというウィルシャーに個人的に注目しています。この1年でスタメンを獲得するまで成長し、セスクが退団しても俺たちにはウィルシャーがいる!とサポーターの心を掴んだ若干19歳。今季のウィルシャーはイニエスタがトップに出てきた時のような衝撃でした。このウィルシャーとセスクとナスリ、かたやイニエスタ、シャビ、メッシの2つのトライングルの動きが勝負を分けるポイントでしょう。

というわけで火曜日は2つの異なる美しさを持つチームが打ち合う面白い試合が観れそうです。そして水曜日はセリエ首位と今季お気に入りのスパーズのマッチアップ。2週間にわたる睡眠不足との戦いの幕もどうやら再開のようです、それではまた試合後に!


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dlivegrampus.blog76.fc2.com/tb.php/125-bf5c7ce9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。